物件選定での注意事項

こんばんは。皆さまいかがお過ごしでしょうか?

スポンサードリンク

アパートメインで探すものの、戸建、区分も大好きな高橋です。

 

 

本日は、物件選定の注意事項の一例をご紹介いたします。

丁度先ほど物件調査をしており、危なかったですので(笑

【概要】

・物件価格290万円(想定利回り5万円/月)

・現況:空室

・大阪府門真市 某駅徒歩10分

・土地値:220万円(ただしテラスハウス)

 

いかがでしょうか?

まあまあと考えて詳細資料を入手しました。

そして家賃相場を確認いたしました。

すると、同じ物件が家賃39000円で募集されている。

しかも長期空室で苦戦しているのです。

 

部屋の内装も確認しました(募集中なので)。きれいにはされているものの

平凡ではありました。私ならもっとあれやってあれやってとやります。

(立地はもっと悪いところを50000円で先日埋まったところです。)

何が言いたいのかというと

家賃設定を確認せよ!

ということです。物件スペック(立地、設備、条件等)でおよそ、

ネットで相場を確認できます。

空室ならおよそ該当物件がヒットします。

そうして、想定家賃の想定が正しいか見極めるのがとても重要になります。

また、これはオーナーチェンジでも同様です。

購入時の家賃が相場より高ければ空室時に家賃が下がることを前提に収支を計算するのが重要になります。

 

戸建てを探している方の参考になれば幸いです。

最後まで御覧いただきありがとうございました。

 

 

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください