空室対策 キャンペーンについて

おはようございます。今日も滋賀大津は寒いです。

スポンサードリンク

今日は不動産投資、ど真ん中の空室対策についてご紹介いたします。

キャンペーン

キャンペーンについてご紹介いたします。これは反響が出やすいです。

(その分、オーナーの痛みが発生しますけどね。)

キャンペーン作戦はとても簡単です。

期間を限定して入居条件を緩和するのです。

入居者へ:家賃ダウン、敷金、礼金ダウン、入居者プレゼント、保証料サービス、鍵交換、・・

客付け業者様へ:広告料UP

なんでもよいので緩和して今ならチャンスという感情を抱かせるのです。

最初から緩和していたらただの条件比較に使われるだけですが、今だけという主張が

客付け様にも入居者様にも響くと思われます。

そもそも人間には、

爬虫類脳

哺乳類脳

人間脳

があります。

それぞれ、本能、感情、理性をつかさどります。

比較表をつくるのは理性ですね。

エッチな画像見たくなるのは爬虫類脳、

この商品欲しい、ここに住みたいは哺乳類脳になります。

 

大事なことは爬虫類脳、哺乳類脳、人間脳の順に強くなるということです。

より本能や感情にいかにつけるかということです。だから「今だけ」という希少性をUPした

条件緩和は効果的となるのです。

本日はこのくらいにしたいと思います。

最後までご視聴いただき、ありがとうございました。

 

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください