【リバレッジとは?】もし100万円のお金があったら??

こんばんは。今日も会社員の副業を応援して記事を書いていきます。

スポンサードリンク

最近の「〇〇の大家さん」という投資信託のような記事を見かけましたので、

リバレッジについて松下の考えを記載したいと思います。

今日はシンプルに100万円をどう使うか?を例にご説明いたします。

【定期預金】

金利0.01%とすると100円+になります。これが最悪と思います。

【定期預金@外貨】

金利3%とすると3万円となります。これで大分良くなりました。

ただし為替リスクがあります。ポイントは通貨を変えるタイミングを

調整することです。もしドルにしていて、円高が続くなら

円へ戻すのは待ってそのまま運用するのが良いです。

従ってバランスが大事です。

【海外投資信託@外貨】

私は海外投資をやっております。

ポンド建てで4年間において単利8%/年の運用をしております。

これもかなり優秀ですが、当然投資信託になりますので、リスクを伴います。

【〇〇の大家さん】

最近みた国内広告がこちらです。広告によると7%/年の配当でした。

リートなどの国内の不動産関係の株(ビジネス投資)に似ておりますが、

具体的に物件が決まっているのが不動産に近いようです。

私が見た物件は「テナント」でしたね。テナントの家賃も当然リスクは伴います。

・・他にも保険など多数ありますが、ここまではリバレッジ無しのものをご紹介しました。

【FX】

海外通貨へリバレッジをかけて運用できます。おれは利回りにすると上限がないくらい

うまくいく人はうまくいきます。

【不動産】

例えば100万円を元手に価格:1800万円(融資1800万円)で利回り10%の物件を取得したとします。

すると家賃は15万円/月で返済が8万円、(空室損、メンテナンス費用、税金等の)諸経費2万円と

すると5万円/月の手残りとなります。これで年60万円となります。

これでそのまま利回り計算すると60%となります。

※不動産をリバレッジで購入するので、もちろん融資、不動産のリスクは伴います。

(参考までに)

もし現金で1800万円の物件を買うと表示通り10、経費入れて8%程度の利回りとなります。

つまり、「表面利回りは現金で購入する際のマックス利回りと言えます」。

 

以上より融資を伴った不動産を最優先で進めております。

以上のリバレッジの考え方を参考にしていただければと思います。

本日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

リバレッジの考えをご理解いただければ幸いです。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください