関西在住技術系サラリーマンが副業不動産投資でセミリタイアを目指すブログ

2児の父である健が不動産投資に興味を持つ皆さまに有益な情報をご紹介いたします。

不動産投資

【実例紹介】融資が下りなかった理由!!

投稿日:

おはようございます。高橋健です。

スポンサードリンク

もう少しで本業なのですが、今日は趣向を変えて

先日融資が届かなかった理由を質問しましたので

共有させていただきます。

こんなん共有していいのですかね?(笑

読者様に喜んでいただけるなら(笑

融資が届かなかった理由とは?

金融機関:さすがに、控えさせてください。K金庫。

融資額:申請5000万円、仮承認4000万円。

融資が届かない理由

① 耐用年数が足りない。

築25年の鉄骨なので、融資が出にくいとのことでした。

前はもう少しいけたので、少し審査基準、耐用年数の考え方

が変わったものと推定されます。

② 収益還元法でも利回りが高くない

表面利回り11%なので京都市内では悪くないレベルですが、

記入機関様の評価では、現家賃が高すぎる、から

引き直した適正家賃では利回りが大きく低下してしまい、

評価が伸びなかったそうです。

 

具体的にいくら高いと計算されたかはさすがに、教えていただけ

ませんでした。

確かに、洗濯機外、3点UBで35000円は少し高かったかもしれません。

 

 

ただ、

物件を変えてぜひ!

と教えていただいたのは大きなプラスでした。

というわけで、早急に次物件の資料を送付させていただくことに

しました。

F様

よろしくお願いいたします。

 

皆様にも融資NGのときも、その理由を少しでも聞いておくのが

重要です。どうしてもNGとは言いにくいため、

金融機関様も少し説明したくなるところがあります。

したがってNGと言われたら、

審査いただきありがとうございました。

もしよろしければNGの理由をおしえていただけないでしょうか?

と交渉するのが吉だと思います。

 

今回は少し個人的な話でしたが、皆様の融資審査の参考に

していただければ幸いです。

少しなまなまし過ぎたかもしれませんが、

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

 

スポンサードリンク

-不動産投資

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

物件の出口戦略とは?

おはようございます。高橋です。 丁度本業が変則勤務で子供も幼稚園などおでかけで一人ですので隙をついてブログを更新します。 先日の勉強会で少し話題がでましたので、物件の出口戦略(売却)について高橋の考え …

2018.08 不動産投資の融資は本当に厳しくなったのか?

こんばんは。お盆休み中に投稿いたします。 不動産投資の状況いかがでしょうか? 先日、大阪市のアパートを購入したものの、それ以降、買い付け入れるも 買えない日々が続いております。   融資は厳 …

物件選定での注意事項

こんばんは。皆さまいかがお過ごしでしょうか? アパートメインで探すものの、戸建、区分も大好きな高橋です。     本日は、物件選定の注意事項の一例をご紹介いたします。 丁度先ほど物 …

ハーバリウムを用いた不動産投資

こんばんは。今日も不動産投資についてお話をご紹介したいと思います。 本日は顧問契約を結ばせていただいている税理士事務所の方と打ち合わせをしておりました。 予定通り、法人の確定申告を行っていただいたお礼 …

賃貸募集の契約を受注するには?

おはようございます。 本日は、問い合わせをいただきました。 「空室でなかなか入居者がつかまりません。」 ということです。 空室で困っているとのことなので、反響、問い合わせもなく、内覧もないそうなのです …