関西在住技術系サラリーマンが副業不動産投資でセミリタイアを目指すブログ

2児の父である健が不動産投資に興味を持つ皆さまに有益な情報をご紹介いたします。

不動産投資

賃貸用不動産が空室になったときの対処法とは?

投稿日:

おはようございます。健です。少し寝坊しましたが記事を更新してまいります。

スポンサードリンク

少し仕事のピークは過ぎましたのでどんどん更新したいと思います。

本日は、賃貸用不動産で空室が発生した場合の対処についてご紹介したいと思います。

(ちょうどモニター様の物件で空室が出るそうです。)

 

空室がでたときの対処

退去理由を確認する。

まず理由を確認します。人生の変化点で退去される場合は仕方ありません。

それ以外の近隣の苦情や室内に問題がある場合、次の入居者も同じ理由で

出ていかれるかもしれませんのでお礼をいうとともに退去理由を確認します。

可能なら直接、菅理会社経由でもOKです。

(現状回復工事前に)募集開始を行う。

今、3月初めなんですが、お客さまのピークが過ぎたところという感じになります。

退去されてクリーニングしてから募集開始だと空室期間は1か月では済まないと思います。

ちょうど私の物件が2/27退去で4/1入居開始で決まったところになります。

この場合空室期間が1か月になります。

このくらいを目指すには、「即入居」できない物件として、募集を開始することが重要です。

そのためには、写真や募集条件を整理しておくのが重要ですね。

基本は現状回復を行い、同じ家賃で同じ条件で募集できないかが基本と思います。

工事の日程を組んでおく。

入居可までのスケジュールを明確に

次に、スケジュール感を明確にしておくのが重要です。空室を見ないと工事の正確な見積もりはできません。

それでも、見積もりに1週間、工事に1週間とダラダラやられたらオーナーとしては、機会損失が大きく

なってしまいます。そうならないように早めにスケジュールを押さえておくのが重要と思います。

 

一番最後に最も重要なことを小さい文字でお話します。

満室しかありえないという強い気持ち

これが最も重要です。私も21室あると20室入居でもいいかという甘えが出てきます。

ただ賃貸経営は満室しかないという意識が最も重要です。

ゴムを引っ張ってもとに戻るときの「普通」の状態が満室かどうかが重要です。

満室しかありえないという気持ちを忘れずに不動産賃貸経営がうまくいくことをお祈りしております。

最後まで読んでいただきありがとうございました!

 

 

スポンサードリンク

-不動産投資

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

不動産投資の始め方 借金の恐怖心が乗り越えられない場合

本日は勢いでもう一件投稿いたします。 質問をいただきましたので、その回答ですね。 借金の恐怖心が乗り越えられないのですが・・? 皆さまならどうしますか? 不動産投資のデメリットでもあるかもしれません。 …

物件の出口戦略とは?

おはようございます。高橋です。 丁度本業が変則勤務で子供も幼稚園などおでかけで一人ですので隙をついてブログを更新します。 先日の勉強会で少し話題がでましたので、物件の出口戦略(売却)について高橋の考え …

元手40万円で月5万円を安定に稼ぎながら不動産投資を学ぶ方法

おはようございます。高橋健です。日々副業を頑張る方を応援しておりますし、 私も頑張っております。子供の夜泣きや本業トラブルで時間があまりとれないですが、 空室対策など進めております。   本 …

皆さんが絶対だめという区分マンションは本当にダメなのか?

お疲れ様です。 最近区分マンションの話がよく出てきますので、高橋の見解を整理させていただきます。 ちょうどコンサル生も区分マンションを購入しそうなところでキャンセルとなったようです。   & …

物件を売却する方法

おはようございます。今日も不動産投資を頑張る皆さまを応援しております。 物件を売却するときに注意することは何かと問い合わせを 受けましたのでご紹介させていただきます。高橋も3区分を売却した経験がござい …