関西在住技術系サラリーマンが副業不動産投資でセミリタイアを目指すブログ

2児の父である健が不動産投資に興味を持つ皆さまに有益な情報をご紹介いたします。

不動産投資

【失敗談】その後の経過

投稿日:

失敗談その後の話をいたします。健です。

スポンサードリンク

まずはこの記事をご確認ください。

http://fudousann.xyz/2018/01/03/notice/

要は譲渡税は分離課税になっているので、通常の給与(サラリーマンの給料)

と一緒に(合算、節税)できませんよという話でした。

 

また、売却の譲渡税の計上にはほぼ経費は認められませんので、違約金なども

認められないので、課税額は大きくなりがちになりますよ!というお話でした。

今回はその厳しい続編になります。

修正申告しますので納税してくださいと税理士様から連絡が来て、

修正申告130万円あまりを支払いました。(前回まで)

→この支払後、その130万円の修正申告について「加算税」「延滞税」を

支払わなければなりません。 20万円余り。

・・で終わったと思ったら、市役所から連絡があり、「児童手当」の対象外と

なっていたため、児童手当を一部返却くださいとのこと。 6万円余り。

・・で終わったと思ったら、税務署から連絡あり、修正申告について、

地方税を追加で普通徴収しますとのこと。 39万円ナリ。

合計:200万円余りの支出になりました。いやー厳しいです。

特にかく減価償却で簿価を下げてしまった後同じ値段で売却すると大変なことになります!

必ず税理士様に売却時の税計算をしてもらってください。

不明点などある場合は、コメントいただければ嬉しいです。

本日の皆様の不動産賃貸業の参考になることを祈っております。

それでは、いい夜をお過ごしくださいませ。最後までよんでいただきありがとうございました。

スポンサードリンク

-不動産投資

執筆者:


  1. ken より:

    それでも拡大基調を崩さないのは手持ち資金が、かなり余裕あるんですねえ。

    • kc1053nk より:

      ken 様
      コメントありがとうございます。別記事でも紹介いたしますが、満室時で月家賃90万円超で
      ローンが55万円ほどとなります。諸経費除いても手残りが20万円程度ございますので、少しずつお金がたまっております。
      その蓄積をすべて使い果たしている(実は奥さんに話して本業の貯金も一部使っている)のが実情でございます。
      納税をしないと融資の審査がおりなくなりますので、手持ち資金がほぼゼロで拡大基調を続けているのが実情です。
      またお気づきの点ございましたらコメントをお願いいたします。  健

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【成果報告】コンサル生が空室を埋めることに成功しました!

おはようございます。今日は午後勤務ですので今のうちにブログを更新しておきます。 時間のないサラリーマンの不動産投資を応援しております。 本日はコンサル生Kさんが空室を埋めた経緯をご紹介いたします。 ( …

お客様の性格を見極めるには?

おはようございます。今日は相手を知るという視点でお話したいと思います。 お客様の性格を見極めるには?   まずお客様について定義したいと思います。ビジネスをやるうえで、自営業であってもサラリ …

物件選定での注意事項

こんばんは。皆さまいかがお過ごしでしょうか? アパートメインで探すものの、戸建、区分も大好きな高橋です。     本日は、物件選定の注意事項の一例をご紹介いたします。 丁度先ほど物 …

男性性と女性性について

おはようございます。 本日も投稿していきます。今回は男性性と女性性の話になります。不動産賃貸業に直接関係ないように 見えるかもしれませんが、私は妻子ありで夫婦でどう幸せになっていくか(というか家族が幸 …

賃貸募集の契約を受注するには?

おはようございます。 本日は、問い合わせをいただきました。 「空室でなかなか入居者がつかまりません。」 ということです。 空室で困っているとのことなので、反響、問い合わせもなく、内覧もないそうなのです …