関西在住技術系サラリーマンが副業不動産投資でセミリタイアを目指すブログ

2児の父である健が不動産投資に興味を持つ皆さまに有益な情報をご紹介いたします。

不動産投資 自己啓発

お客様の性格を見極めるには?

投稿日:

おはようございます。今日は相手を知るという視点でお話したいと思います。

スポンサードリンク

お客様の性格を見極めるには?

 

まずお客様について定義したいと思います。ビジネスをやるうえで、自営業であってもサラリーマンであっても不動産であっても話する相手がおります。ビジネスを行うわけです。私の場合、お客様といえばスーパーのお客様や銀行や役所の受付で相談する方をイメージしますが、私はそういうビジネスをしておりませんので、どちらかというと同じ会社の仲間とか不動産なら管理会社様に客付けをお願いするお客様というイメージが近いと思います。そういう意味では一種の折衝交渉術といえるかもしれません。ようは従来のお客さまより広いイメージでとらえていただければと思います。例えば、私は物件の一つは祖母に貸しておりますので、祖母もお客様になるかもしれません。お客様に悪いイメージをもってはいけません。親友にもお客様になっていただけるような進められるようなビジネスを目指したいと思います。下イメージのような輪のイメージが好きです。

話がそれました。今回はお客様の性格を見極めようというお話です。4つに分類します。

A Whyタイプ

何故・・を気にされる方がおられます。従いましたメールや、お話をするときはなぜそうなるのかをお話するのがいいです。

例) 私は不動産投資をお勧めします。なぜなら、ビジネスモデルが確立されており、自動化の仕組みも強固になっているからです。

B Whatタイプ

何を気にされる方がおられます。根拠やデータ、実例、を気にされるイメージです。

例) 私は不動産投資をお勧めします。大きなファンドで不動産投資をやっているケースもあり、〇〇、××といった大家の会には、不動産投資で成功されている方が山ほどおられます。あなたもできない理由がありません。

C Howタイプ

手順を気にされる方がおられます。とにかく何をしてほしいのか明確にしてほしいというタイプです。私は技術系サラリーマンですが、工場の現場にはこういう性格の方がとにかく多いです。人類の統計上は少ないようですが、メーカーには多いのでしょうか?

例) 私は3ステップ不動産投資術を提案しております。ファーストステップは物件選定、セカンドステップは買い付け、サードステップは融資相談となります。まず物件選定のためには5つの手順が有効であり・・・

少し3ステップでは不動産管理までいけなかったので苦しかったですが、イメージは伝わりましたか?

D 今すぐタイプ

このタイプの方は、すぐ決断される方、話の早い方なので、話するタイミングを間違えなければ問題なく交渉が進みます。NGだとしてもその理由が変な言い訳ではないため、とてもわかりやすいため好感が持てます。私はこのタイプ?になれるよう頑張ります。

出社時間になりましたし、目標字数1000を超えましたので本日はこのくらいで失礼いたします。

ありがとうございました。

スポンサードリンク

-不動産投資, 自己啓発

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【環境の力】一人でやるより皆でやった方が成果が出やすい理由

おはようございます。今日は少し思考を変えて環境の力について、健の考えを記載いたしますので、一人で悩まれている方は参考にしていただきたいと思います。不動産に限らずなんでもこの考え方は使えますので参考にな …

【失敗談】その後の経過

失敗談その後の話をいたします。健です。 まずはこの記事をご確認ください。 http://fudousann.xyz/2018/01/03/notice/ 要は譲渡税は分離課税になっているので、通常の給 …

設備と残置物の違いとは?

こんばんは。今日も寒い中、ブログ書いていきます。 今日も質問をいただきましたので回答していきます。 エアコンは大家で設置するのか?です。 そこで、今日のテーマは賃貸募集で知っておきたい設備と残置物につ …

空室対策の実例集

おはようございます。健です。 モニター生K様に空室が出て今後の進め方についてご指導するため、物件現地(奈良県橿原市) を見てきました。概況は下のとおりです。 空室対策の実例集 添付は少し田舎すぎますが …

数値化することの重要性

おはようございます。今日も自己啓発に励むサラリーマンの方を応援いたします。 先日、お金に関する相談を受けましたので、そのときの話をシェアさせていただきたいと思います。 その中で 数値化することの重要性 …